2015/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
一生のお願いm(__)m


明けましておめでとうさん
そしてお久しぶりぶりどす(汗)


ブログさぼり中なアタクシの去年後半は
外猫さん活動に比重をおき
相変わらずジミ~ではありますが
TNR4匹(♂2匹・♀2匹)と
よれたれなクロ猫さん♂を保護して
現在に至ります(*^_^*)




阻止3 (2)




その間、京都市が助成してくれる
まちねこ登録にも挑戦しうちに来てくれている
外猫さん達は地域が見守る
「まちねこ」に承認して頂きました



阻止3 (1)



やったね!私!なんて喜んでいたら
ここでとんでも無い事態が勃発




一昨日猫友さんから
京都市が『野良猫の餌やり禁止条例』を
制定しようとしていると連絡が入りました





まだ骨子の段階ですがその内容が問題なんです
貼りつけますね




「京都市動物による迷惑の防止に関する条例(仮称)」骨子について


市及び市民の責務,相互の協力

◆ 市の責務

 〇 市は,犬猫のふん尿被害をはじめとする動物による
 迷惑事象を防止するため必要な施策を総合的に実施します。

 〇 市は,施策の実施に当たっては,関係法令等の活用も図ります。

◆ 市民の責務

 〇 市民は,動物による迷惑事象を防止するため市が実施する施策に協力します。

◆ 相互の協力

 〇 市,犬猫等の飼い主,市民は,動物による迷惑事象の防止に当たっては
   相互に協力し,連携します。

飼い主の皆様にお願いすること

 マイクロチップは,飼い主の責任意識の向上や犬猫が迷子になった場合の
 確実な返還などに効果があります。

 〇 所有する犬又は猫についてマイクロチップ等により所有者の明示に努めること。

 猫を外に出さずに室内で飼うことは,ふん尿で飼い主が知らぬ間に他人に
 迷惑をかけることを防ぐことだけでなく,病気や事故を防ぐといった意味もあります。

 〇 猫の室内飼養(外に出さず室内で飼うこと)に努めること。

 犬の外出は運動のため。処理がしにくい外での尿被害が防止できるなど
 ふん尿は自宅でさせるのがベストです。
 市では,しつけ方などの啓発にも努めていきます。
 外出時には飼い主の皆様には,ふん回収用具の持参と,ふんの回収をお願いします。

 〇 犬の排泄は自宅でさせるように努めること。

 〇 犬の散歩時にふん回収用具を所持すること。

 〇 犬が散歩時にしたふんを回収すること。

 多数の犬猫を飼っておられる方には,市へ届け出ていただき
 適正な飼い方や注意事項等をお知らせしていきます。

 〇 犬又は猫の多頭飼育時に届け出ること。

  (生後91日以上,犬5頭以上,猫10頭以上又は犬猫合わせて10頭以上)

市民の皆様にお願いすること

 本市には,野良猫のふん尿に係る苦情が数多く寄せられておりますが
 この問題の解決策は,何よりも野良猫をなくすことです。

 本市では,平成22年度から,人と猫が共生できるまちを目指して
 「まちねこ活動支援事業」に取り組んでいます。

 事業開始以来,登録地域は拡大しており,避妊去勢手術の頭数も増加しています。
 その結果,所有者不明の子猫の引き取り件数は4割程度減少しています。

 野良猫に餌やりをしようとする方は,猫を自ら飼養いただくか,
 又は,「まちねこ活動支援事業」に沿って,
 適切な管理の下で実施いただきますようお願いします。

〇 身近にいる動物に対し無責任な給餌(餌やり)をしたり,
  残飯ごみを放置したりしてはならないこと。

条例を実効性あるものとするための措置

 本市では,この条例に基づき,ルールを守っていただけるよう,
 啓発や指導等に取り組んでまいりますが,
 改善がみられないケースや悪質なケースに対しては
 条例の実効性を担保するため,次のような措置を設けます。

◆ 指導

 〇 犬の散歩時にふん回収用具を所持する義務に違反したとき。

◆ 勧告・命令

 〇 身近な動物に対し無責任な給餌をしたり,残飯ごみを放置することにより
   周辺の生活環境が損なわれていると認められるとき。

◆ 過料

 〇 上記の勧告・命令に違反したとき。

 〇 犬が散歩時にしたふんを回収する義務に違反したとき。

 〇 犬又は猫の多頭飼育時の届出を怠ったとき。

 〇 違反行為に係る施設などへの立入調査,回答を拒んだとき。


これらの条件を満たさなければ、たとえ自費で猫の不妊手術を施し
餌やりの後片付けをしていても無責任な餌やりとして違反とみなされ
過料が課せられます



京都市ではまちねこに認定されない野良猫が数千匹いると推定されます
この条例を通してしまえば何千匹もの猫を餓死させることになります
これは動物虐待であり、動物愛護法に反するものです



京都市ではまちねこ活動支援事業でH22年から現在までに
650匹の猫が不妊手術されまちねこになったそうですが
同じ期間で民間のボランティア団体ではその10倍以上の
猫に不妊手術が施されました



これは地域猫活動をしているボランティアのよって
京都市のまちねこ活動支援事業が支えられていると
いうことなのです



民間ボランティアで手術されたほとんどの野良猫は
まちねこ活動支援事業の条件にあてはまらず
自宅では飼うことができないのでしかたなく
地域猫として餌を与え管理されているのです



この条例が施行されたとしても
この猫達の給餌を止める事は出来ません
餌やりをしなければ何千匹もの猫が餓死してしまうのです


だからどうかお願いします
1月14日まで
パブリックコメントで意見を提出することができるので
下記のアドレスのページから意見応募フォームをクリックして

http://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000173377.html

この条例を阻止するコメントを送って下さい



できれば拡散もお願いしたい
期日がせまっているので
私達(猫友餌やり同胞(汗))すんごく焦ってます



阻止1 

けどシッポに癒されて
心は平常心保ててます
スポンサーサイト
 
プロフィール

コロリ達の母

Author:コロリ達の母
ワンとニャンと家族
がいてくれるから
毎日が幸せですの

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログランキング

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。